FXの取引とインフレ率の重要性

FXの取引をする際にインフレについてはよく理化しておかなければなりません。

インフレは物価が上昇することを指します。

これは誰でも知っていることなのですが、物価が上昇するという言葉は通貨を基準とした考え方です。

普通に生活をしていれば、通貨を基準にしてすべての価値を計算すれば良いのですから、このような発想になるのです。



しかし、FXの取引をするときには、通貨そのものの価値の変化を読み取っていくことが必要なのですが、物価を基準として通貨を考えることが必要となります。
インフレとは物価が上昇することを意味するのですが、物価を基準にして考えれば通貨の価値が下がることを意味します。

ですから、インフレ率が高くなれば通貨は売られる傾向があるというのが、理論的な考え方です。ただ、相場のことは相場に聞けというように、そこまで理論的には行きません。例えばインフレ率が高い通貨が強くなるケースもあるのです。

朝日新聞デジタルの正しい情報はこちらです。

例えば、高金利通貨が買われることは多くの人が認識していることでしょう。

高金利通貨はなぜ高金利なのかというと、インフレを抑えるという目的があって金利を高く設定していることが多いです。


ですから、高金利通貨は高インフレ通貨であることも多いと言えるでしょう。



それにもかかわらず、高金利のメリットを享受するために買われることがあります。

ただ、長期的に見ればインフレ率の高い通貨は売られる傾向があり、FXの見方によっては理論的に動いているとも言えるでしょう。